WSL 2のインストールと更新

Tools

WSL 2(Windows Subsystem for Linux 2)は、Windows 10以降でLinuxを動作させる仕組みです。skラボ.netで扱う便利なツールを動かすために必要な場合がありますので、インストール方法をまとめました。

WSL 2インストール状況の確認とインストール

WSL 2はMicrosoft StoreからUbuntuなどをインストールしたことがあれば、既に有効になっていることもあります。Windows 10以降の検索窓で「Windowsの機能の有効化または無効化」を検索し、起動します。下図左のように、下の方に「仮想マシンプラットフォーム」があり、チェックが入っていればインストールされています。

チェックが入っていなければ、チェックを入れてOKしましょう。下図右のようにインストールされます。終了したらいったん再起動しましょう。

WSL 2の有効化
WSL 2の有効化

WSL 2 の更新

MicrosoftのWSLインストールサイトから、x64マシン用WSL2 Linuxカーネル更新プログラムパッケージを入手します。

ダウンロードされたパッケージをダブルクリックすると、既に更新されていれば「A later version of the Windows Subsystem for Linux Update is already installed. Setup will now exit.」というダイアログが表示されますので、終了しましょう。

更新されていなければ、下図右のようにインストールされます。

更新プログラムのインストール
更新プログラムのインストール

以上です。大変簡単ですが、WSL2をインストールしないまま他のツール(Dockerなど)をインストールすると、インストール中に再起動するハメになったりして案外メンドウになります。あらかじめ確認しておくのが良いですね。 Have fun!

コメント

タイトルとURLをコピーしました